■09年7/11 相場展望。日経平均中心の相場分析

◆Wトップ確認■陰陽師■

●中長期展望●

三月から始まった反騰相場も終焉の可能性が強い。
崩れる気配はなく、Wトップ形成の中、
右肩下がりながらもレンジ取引の動きが続きそう。
下値を試す場面は時折、ありそうだ。

指数小動きの中の個別物色相場。

欧米株の戻りの悪さ、下げに足を引っ張られながらも、
上海など新興国の株価堅調が、下値を支えそう。

3/10¥7054を基点とする中期的リバウンド相場は一旦終了。

7月
13日
7月 月例経済報告
6月 消費動向調査
5月 鉱工業生産指数確報
6月 投信概況

6月 米財政収支

14日
日銀政策委・金融政策決定会合(~15日)
6月 製造業部門別投入・産出物価指数
6月 首都圏・近畿圏マンション販売
トヨタHV「レクサスHS250h」発表会
7
月 欧州経済研究センター(ZEW)独景気予測指数
5月 ユーロ圏鉱工業生産
6月 米卸売物価指数
6月 米小売売上高
5月 米企業在庫

海外
4~6月期決算 Gサックス、インテル、J&J

15日
日銀政策委・金融政策決定会合の結果発表

米FOMC議事要旨公表(6・23~24開催分)
7月 米NY連銀景気指数
6月 米消費者物価指数
6月 米鉱工業生産と設備稼働率

16日
7月 日銀金融経済月報
5月 第3次産業活動指数
5年物国債 7月債入札

4~6月期 中国国内総生産(GDP)
欧州中央銀行(ECB)理事会
7月 米フィラデルフィア連銀景気指数
7月 全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数
5月 対米証券投資

海外
4~6月期決算 グーグル、IBM、JPモルガン、ノキア

17日
5月 景気動向指数改定値
IPO 東マザ クックパッド

6月 米住宅着工件数

海外
4~6月期決算 バンカメ、シティ、GE

10月 G7財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)
02日 IOC総会で16年夏季五輪開催都市決定

12月 新防衛計画大綱、中期防衛力整備計画を閣議決定
   北海道電力、泊原発3号機の営業運転開始
   EU首脳会議
   欧州安保協力機構(OSCE)閣僚理事会(ギリシャ)
=======
●短期展望・戦略●

7/1高値が6/12高値を抜けず、
右肩下がりのWトップ形成から、
6/23安値¥9511割れ、
8日続落と、昨年10月2~10日以来、9カ月ぶりの珍事となった。
昨年10月は、その後10/28安値へと向かった。
今回もこの8日続落をきっかけに、
目先の底入れ、反発となる可能性がある。

欧米株軟調、ドル、商品価格軟調に足を引っ張られながら、
上海など新興国の堅調がどこまで支えるか。

今日の選挙結果から政局を織り込む場面もありそうだ。

低位、中小型、二部、新興市場の個別物色、
テーマ株物色は続きそうだ。

週予想レンジ 高値¥9600 安値¥9000

シカゴ・寄り付き前外資系注文
http://blog.livedoor.jp/nikkei225f1/

日足陰陽■□
3/2■□□□■■■□■□□□■■□□■□■■■3/31
4/1□□■□■■□■■■■□□□■■□□■■□4/30
5/1□□□■■□■□■□■■□□■□□□5/29
6/1□■□■□□■□■□■■□■□□■■□□■□6/30
7/1■■□■■■■■7/10
高値¥9771~安値¥9265
金曜に反発の兆しを見せるも引け失速で続落。

上下リズム○×(◎は¥200以上の上げ)
3/2××○○×××◎×◎○◎○×◎◎×○×××3/31
4/1◎◎○○××◎○×××○○○×○○×○×◎○4/30
5/1○◎○○×○×○×◎○××○×○○○5/30
6/1○○○×○○×◎×○××○×○○×○◎○×○6/30
7/1×××××××7/10

日経平均先導でマザなども天井打ちした。
主力株の軟調が際立つ中、出遅れの中小型株は相対的に堅調。
--------------------------------------------------
●先週の相場

月曜 四日続落。
火曜 下げ渋るも五日続落。
水曜 大幅六日続落。
木曜 七日続落。
金曜 朝方反発も結局八日続落。

個別物色
イマージュ ガリバー IIJ アイロムなど、新興企業が上げた。
電池株物色などテーマ株物色は一巡も、
執拗な個別物色が続いている。

IPO
7/17クックパッドはマザーズIT系で、
コミュニティ系という事から、
ミクシィ グリー的な人気の可能性もあるが、
値決めが高めな上に初値上昇となれば、
その後の人気離散を招こう。

この記事へのトラックバック