■09年6/13 相場展望。日経平均中心の相場分析

◆強気、弱気の対立こそが、上昇の理由。■陰陽師■

●中長期展望●
3/10¥7054を基点とする中期上昇は、
月足で見ると24ヶ月、60ヶ月、120ヶ月線の集中する、
¥13000辺りを目指しているかにみえるが、
そこまで行くには時期尚早だし、
また逆にそこまで行かなければ、
1989年高値¥38915を頂点とした、
長期下げトレンドが終焉したとは言い切れない。

買戻し相場と言われていたが、
ここにきて、ヘッジファンド、個人、自己、
投信など、多様な投資主体が新規カイを入れており、
一時期のように好取り組み銘柄ばかりがあがるという状況は変化、
カイのみの信用銘柄や取り組みの悪い銘柄も上げており、
あきらかに資金回帰相場と言える。

中期的リバウンド相場。

12日のSQでひとまず日本株ウリの筋をあぶり出し、
次は、19日の米SQでの、売り方イジメ相場。

52週線を超えた現状は、¥11500指向相場。

月足一目均衡では、次のネジレ、来年2010年9月絡みで、
大きな変化を起こす可能性がある。

苦労はSQまで、という売り方の思い込みが案外あるようで、
ロールオーバーで先物ウリを持ち越したムキも多々ある模様。
案外いましばらく、6月は高値相場で、売り方の受難が続き、
7~8月まで調整はないかもしれない。

06月 国際決済銀行(BIS)年次総会 欧州議会選
   ブラジル、ロシア、インド、中国(BRICs)首脳会議(ロシア)
15日
日銀政策委・金融政策決定会合(~16日)
4月 対米証券投資
6月 米NY連銀景気指数
6月 全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数
16日
5月 首都圏・近畿圏マンション販売
3~5月期 香港失業率
5月 米卸売物価指数・米住宅着工件数・米鉱工業生産 設備稼働率
6月 欧 経済研究センター(ZEW)独景気予測指数
17日
6月 月例経済報告
6月 日銀金融経済月報
1~3月期 資金循環統計
4月 毎月勤労統計確報 厚労省
20年物国債 6月債入札
バーナンキFRB議長講演
1~3月期 米経常収支・5月 消費者物価指数
18日
5月 全国粗鋼生産
5月 米景気先行指標総合指数
6月 米フィラデルフィア連銀景気指数
EU首脳会議(~19日まで)
ECB理事会
19日
新車買い替え補助金申請受付開始
日銀会合議事要旨
19日 米SQ クアドラプルウィッチ
23日 新月 米FOMC~24日
24日 権利つき最終 OECD閣僚理事会(パリ、25日まで)
25日 月内最終

10月 G7財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)
02日 IOC総会で16年夏季五輪開催都市決定

12月 新防衛計画大綱、中期防衛力整備計画を閣議決定
   北海道電力、泊原発3号機の営業運転開始
   EU首脳会議
   欧州安保協力機構(OSCE)閣僚理事会(ギリシャ)

=======
●短期展望・戦略●

¥1.05万意識の上昇相場。

GM破綻以上の悪材料もなく、上昇はなんとなく続いている。
上昇を止めるきっかけも考えにくく、
強弱感の対立こそが、上昇の理由という、相場。

おそらく予想もせぬところまで上がり、
予想もせぬ理由で天井をうち、
どこかでなんとなく調整に入るのだろうが、
今、ここは、ヤラレるまで、果敢にカイで勝負する方が、
己の利益に繋がる相場と言える。

GM破綻から、環境対策自動車関連物色はますます盛んになり、
ややもすれば、ヒステリックな物色となっている。
主力大型、ハイテクが休養している現状は、
ここら材料性の強い銘柄の物色が中心となろう。

SQでの売り方、抹殺説があったが、
この程度の上げではウリ乗せやロールオーバーで、
逃げているムキも少なくなく、
まだ踏みあがった感じはない。
信用残、裁定残を見る限り、
まだまだ売り方を甚振る相場のようだ。
いずれこの信用残、裁定残にいずれ天井のシグナルが出るだろう。

週予想レンジ 高値¥11000 安値¥9500

シカゴ・寄り付き前外資系注文
http://blog.livedoor.jp/nikkei225f1/

日足陰陽■□
03/2■□□□■■■□■□□□■■□□■□■■■3/31
04/1□□■□■■□■■■■□□□■■□□■■□4/30
05/1□□□■■□■□■□■■□□■□□□5/29
06/1□■□■□□■□■□06/12
高値¥10170~安値¥9755

休みを入れながらの小幅な上げ相場で、
上手く売り方を逃がさずに上昇している。

日中の動きが極端に小さく、売り方に買い戻しの決断を、与えず、
踏ん切りがつかないような、売り方にしてみれば陰湿な上げ。

指数が小幅な上げに留まるのとは別に、
GSユアサなど個別で上場来高値を超える活況銘柄も多く、
むしろ現物主導の上げ相場となっている。
上げの内容は指数以上に良い。

上下リズム○×(◎は¥200以上の上げ)
03/2××○○×××◎×◎○◎○×◎◎×○×××3/31
04/1◎◎○○××◎○×××○○○×○○×○×◎○4/30
05/1○◎○○×○×○×◎○××○×○○○5/30
06/1○○○×○○×◎×○06/12
1万突破。
--------------------------------------------------
●先週の相場

月曜 GM破綻で悪材料出尽くし、戻り高値更新。
火曜 小幅続伸。
水曜 六日続伸、二部新興市場の上げが目立つ。
木曜 七日ぶり反落。
金曜 年初来高値更新。

個別物色
兼松日産 シルバーOX 東天紅 トウペなど
個人好みの仕手系低位や、
ケネディクス フージャーズ ランドビジネスなどの新興不動産、
フルキャスト T&G ネクシィーズなど事件銘柄の上げが目立った。

サイバーA アセット ダヴィンチなどの新興主力の一角も上げた。

IPO
6/23常和HD 6/25八州電機が上場予定。

テラや大幸薬品の上げを先導に上場来高値銘柄も多く、
いずれも二部で地味な業態ながら、順当なスタートとなりそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック